· 

東京行ってきました。

おはようございます。お久しぶりの更新になりました!

GW明けはまた仕事に比重が偏ってしまって、原稿も絵もあまり描けてないし、全然Blogをゆっくり書く時間(振り返る時間)も作れなかったのですが、昨日の感動は忘れないうちに記録しておきたいと思いました!
 
スキマ時間にちょこちょこ更新していきます。
→1週間経って全然書けなかったという…💦
更新ない間も拍手と応援コメントありがとうございます!ようやく充電が溜まり出した気がするので書き始めます。
 
東京日帰りプランなんですけどね、ジャンプ展とジブリ両方行くぞと決めて動いたタイミングが遅くて、ジブリ展が5/31の夕方しかチケット取れなかったんですよね。まだ6月以降の発売はされてなかったし(予約制を知らなかった)、平日は月後半じゃないと休み取るの難しいし。行くのは平日じゃないとと思ってましたし!
1日で行きたいとこは回れて感動続きで満足しましたが、ジブリの食べるを描く展がやってるうちに、今度は泊まりがけでゆっくり行きたいです。早めに計画すればバスもホテルもお得なプランがあるし、ようやく旅の計画が事前に立てれる人になれそうです、笑。
 
さて、今回のコースですが!
行きは夜行バス、帰りは新幹線で行ってきました。
 
浅草
おっぺえに水が溜まる悟空さ
カフェ
ジャンプ展
集英社
ぺそ銀さんに会った
パン屋さん
三鷹の森ジブリ
中野ブロードウェイ
 
そんな弾丸な旅でした!
では順に…。
 
夜行バス:willerの女性専用3列シート¥4700(梅田→新宿)
なかなか快適でした!高速道路で夜の景色を眺めながら、途中で夜中のパーキングエリアでおトイレして、お土産を見る、ってのがめちゃ好きなんですよね…!なん年ぶり!すごいうれしくて楽しかったです。時間さえ許せば帰りもバスで帰りたかった。9時間乗ってたけど、夜行3列シートなら大丈夫でした👍
こんな感じでグッズ色々あって、カーテンで仕切られるのが感動でしたね!いつのまにか夜行バスのサービスレベルが上がっていた。平日なので乗客も少なくて快適でした✨
夜行バスを堪能して新宿に着いたら、バスとセットで予約ができた入浴施設のテルマー湯(¥1800)へ!
場所、歌舞伎町だったんですよね、笑。夜だったらすごい世界が見れたんだろうなあ。またの機会に誰かとのぞいて見たいな、笑。

ここが色々すごくて!
施設のセキュリティは万全だし(歌舞伎町だから余計?)施設もお風呂ももちろんキレイだし、タオルや洗顔シャンプードライヤーとかは当たり前なのですが、なんと化粧水や乳液、コットンや綿棒、ヘアブラシ、歯ブラシ、ヘアアイロンまであってですね!メイクコーナーはゆったり、ライトアップとか鏡とか至れり尽くせりだった。
まあ、それだけの料金してますけど、夜行バスはメイク落として朝お風呂入りたい時はこういう施設はいいですね!✨

さて、身支度を済ませて、ついに浅草のバンダイ本社前にいる、おっぺえに水の溜まる悟空さに会いに行きましたよ!✨

思ってた以上にたくましくてですね…。特に後ろ姿!頼もしくて抱きつきたかった!////笑 腕を組みたかったし、腕を組んで写真を撮りたかった!😂通勤の人達の目線に負けて組めなかったので、今度はもっと早い時間か誰かと一緒に再チャレンジしたいです。
次に浅草で下町ぽいカフェを堪能したいと探して1番気になったカフェに行ってきました。昔ながらの良さに少し最近のオシャレ感が合わさったようなカフェでした。お客さんも、地元のおばあちゃんか観光の外国の方、な感じでした。久々に昔ながらのザ•おばあちゃんを見て癒されました…😌昔からのトーストゆで卵サラダのモーニングとめちゃくちゃ迷って今回はクロックムッシュをいただいたのですが(コーヒーとセットで¥480)美味しかったです。浅草の雷門から少し歩いたところにあるので、お近くにお越しでお休みどころをお探しの際はよかったら!
浅草カフェ ラグランドカリス
東京都台東区浅草2-4-2

そして六本木!来た来たジャンプ展!✨

普通に展示がたくさん並んでるイメージだけ持っていったら、なんとオープニング映像が…!90年代に連載されていた漫画の映像がどんどん流れて昔に引き戻されるような感覚、そしてメインはやっぱりDB!感動で涙がにじみました‥。

後からのコーナーで読んで知ったけど、歴代ジャンプアンケートの今もNO1に君臨するフリーザ編のクリリンのエピソードがあったのはこの90年代。新聞よりもジャンプの発行部数の方が多かったんだって…。改めて653万部、という記録のすごさを実感しました。

 

鳥山先生の絵がね、本当に大好きで尊敬しています。

映像もアニメではなく、原画をアニメーションのように動かしてアレンジしていて、そう、漫画を読んでると時頭の中ではこんなイメージなのよ、動いてるんだよ!ってめちゃめちゃうんうんしながら見てました。鳥山先生の漫画はほんとに動いて見えるのがすごいですよね。。自然にコマからコマへ流れるような描写。

 

そう、原画です原画!生まれて初めて間近で見た鳥山先生の原画。すごかったです。これは印刷じゃないのかなと思うくらい完成度の高い原稿。黒く塗りつぶしたところがムラになってたり、文字が切り貼りされていたり、うっすら鉛筆の跡があったり、ああ、これほんとに描かれたやつなんだ、と実感して感動しました。そして、先に見られたみなさんから聞いていましたが、ホワイトの修正がほとんどなかった。

元に描かれた絵はB4サイズ(?)の原稿用紙なのに、そこに広がっている世界はすごく大きくて、どれだけ拡大しても迫力がある絵で。なんというか、同じ紙と鉛筆とペンを持っても、描く人間でこんなに表現されるものは違うんだな、奥の深さを改めて感じた気がします。

美術館の絵画展とかも時々は見に行きます。ああ、きれいだな、こういう絵は好きだな、とかは思いながら見ているけれど、自分も描く、大好きな漫画の原画を見て受ける感動はこんなに大きいんだと思いました。わたしは漫画が大好きなんだなあと思いました。

 

めっちゃ近くでじっくり見て。鳥山先生がとよたろう先生にも言ってた通り、意外と力を抜いて描いてるシーンもあってそれが逆にメリハリを生んでることを実感できました。アップで写したり遠くから全体を写したり、カメラワークの良さやそれを紙1枚のコマ割りの中で表現できてることを改めてすごいと実感できた李、擬音をマジックでザッザッと形どって描いてるのが確認できたり。

見れば見るほど気づけることもあったり、ずっと見ていたいくらいでした。

なんか、とにかくすごい、感動とパワーをもらいました!!

近くならもう一度見に行きたい…!!

 

うーん!!いまいち感動を表現しきれてない気がする!!

 

カラーの絵なんかは、今はデジタル着色で色目を加工したり簡単にできるけど、加工なんてなしに鳥山先生はこのトーンのイラストを描いていたのかとか、色のセンスにも改めてうならされました。

 

スラムダンクの山王戦の映像には泣かされました…。

当時のいろんなことも一緒に沸き上がったんだろうなあ。

 

とにかく行ってよかった、行ってよかったです!!

早く鳥山先生ミュージアムができてほしい!!いつでも見にいける場所が欲しい!!

 

ジャンプ展を後にした後は、Vジャンプ25周年記念で集英社に展示コーナーがあるとのことで、天下の集英社に立ち寄ってきました。

ああ、ここへいろんな漫画家の卵の方たちが原稿を持ち込みに来てチャレンジしていたのね…ここが集英社なのね…なんて感動にもひたりつつ、集英社だって一つの会社なんだなと。当たり前のように漫画やアニメの文化を享受してきたけど、初めから当たり前にあったわけでなく、こうしていろんな人の手やがんばりによって、今わたしは楽しむことができてるんだな、なんてそんな感傷にも浸りました。

 

25年の歩みがを書いた年表の展示もあったのですが(人がいてうまく撮れなかった)、クロノトリガーのことが書かれていたり、2015年にDBが空前の大ブームと書かれていたり(超の放送が始まった年ですね)、ああ、この25年の中で見るとやっぱり本当にビックなイベントだったんだなと。またDBをリアルタイムで見ることができて本当にうれしいと思いました。

 

その後は、Twitterをはじめてからお話できるようになったぺそ銀さんにお会いしました!わたしが東京に行くことに気づいて声をかけてくださったんです。めちゃめちゃうれしかったです…!ぺそ銀さんの描かれるパロディやギャグ漫画が大好きで、最近もカカベジ本をいただいてツボにはまってたところだったのですが、まさかあんな漫画を描いてるのがこんなきれいなお姉さんとは…!こんなきれいなお姉さんからあのかわいらしい絵とおもしろい漫画が出てくるんだ、とビックリしました。絵は描いてる人に似る、とよく聞くので、ぺそ銀さんはかわいらしいイメージを持っていたので驚きでした。今まで数名お会いした方は、あ、ほんとだ似てるな、と思った方の方が多かったので、新鮮でした。見た目がそのまま出る方と、内面が出る方がいるんだろうなと思いました。

わたしはの絵は特にどちらも出てない気がする。人から見たら何か出てるのかな?

 

いつからDBが好きだったのかとか、昔はどんなのを描いてたとか、オンリー開催の思いだったり、色々お話できてうれしかったです。秋はたぶん一緒に山登りに行けるので楽しみです!(いずれTwitterで何かしら主催者様から案内があるかも!その際参加者を募るのか少人数の内輪で行くのかはまだわからないですが、わたしもいつか自分から声をかけれるようになりたいです。)

 

掲載は、普段はデジタルで描いてるのでアナログは苦手だというぺそ銀さんにわがまま言って描いてもらったとっても貴重なイラストです♡♡

ペそ銀さんありがとうございました!

 

ペそ銀さんとお別れした後は、お目当てのパン屋さんへ!

本当はもう1件行きたかったのですが、朝のお風呂&カフェとジャンプ展の滞在時間を優先して今回は諦めました。

 

ベーグルとカンパーニュが大好きなんですよね!固めのもちもちしたパンが好き!!東京の人気パン屋さんでベーグル・カンパーニュで検索してたどり着いたお店です。予約も受けているとのことだったので、前日に予約をしてから当日いただきました。翌日に食べましたが、おいしかったです!(ベーグル後2つは冷凍保存している)

でも自分が習って作ったパンも負けずにおいしかったので、ちゃんとした材料で手作りしたパンがおいしいんだなと改めて思いました。

またパン作りのある生活ができるゆとりを取り戻していきたいなあ。

 

CROIX

東京都中野区野方1-44-6

https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13168969/

 

そしてついに三鷹の森ジブリへ!!

写真は外だけOKで、中は写真NGで思い出に持って帰ってほしい・・というコンセプトになってます。いやあ、ジブリは半日以上必要です!!本来はジブリとジャンプ展だけにするべきだったと思いました。でも他も行きたかったんだもの…!ジャンプ展はもう行けそうにないけど、ジブリは「食べるを描く」がやってるうちにもう一度行きたいと思いました。

 

ここからはジブリのネタバレを含みますので、何も聞かずに自分の目で確かめたい方は読まずに閉じてください!

 

 

 

建物の構造自体がまず楽しかったです。童心に帰れました!ここを登ったらどこに行くんだろう?この扉は開くのかな?ここはしゃがまないと入れないけどどこかの部屋に出る?行き止まり?とか!ワクワクする建物でした。

おトイレもかわいくて、かわいいポイントや感動したことはたくさんあったのですが、3つに絞って文字に書き起こしておこうと思います。

 

① 圧倒的に美しい美術。

ジブリ映画の背景、いつもきれいだなと思ってみてたけど、あれが、本当に「紙」に描かれた「絵」だったこと。B4とかA3とかのサイズくらいの背景もあったんです。そのサイズの紙にこれだけ描き込めるんだ…!とくぎ付けになりました。実際に絵を描いた道具とかも並んでいて、鳥山先生の時同様、同じ道具でも描く人でこんなに違う、ということを実感しました。ジブリの世界感のグレードをあげているのはこの圧倒的な美術・背景だったというのを実感しました。

 

② 絵コンテ。

絵コンテを見るのが好きなんですよね。ラピュタの絵コンテが最初から最後まで本になってたんですよ!!さすがに全部は見切れなかったけど、ああ、元はこんな風に全部ラフで描かれてたんだなと、ラピュタが完成するまでの道のりを感じることができました。ジブリ映画で1番を聞かれたらやっぱりラピュタなんですよね。お土産コーナーでもちろん、飛行石買いましたよ!

 

③ 食べるを描く。

これがもう、期待しかなかったんですが、結果期待通り、期待以上でした!

まず映画に出てきた食べ物が全部形になってるんですよね。それだけでわくわくしました!そして映画でもポイントになっていた食べるシーンがラフと一緒にそのシーンへの思いと一緒に語られていて、ああ、そんな思いが込められていたんだな、とか、人にとって「食べる」って大事なことなんだなと改めて思いをはせるような展示でした。また「食べる」ということをよりリアルに描写するために色々勉強して、細かいところまでこだわって作られているからジブリの食べるシーンはあんなあたたかで素敵なんだなと感じることができました。

期待以上だったポイントは、トトロのメイたちのおうちの台所とラピュタのタイガーモスの厨房のリアル再現です!!

 

さつきが作ってくれたお弁当がちゃぶ台に並んでいて、台所、映画でみたあのまんまなんです!お鍋は開けたら味噌汁ができていて。もう、むちゃ感動ですよ。その場でじっと座って堪能したかったけど人も多くてそうもいかなかったけど、あれはいい…トトロの世界に自分もお邪魔した感じでした。やっぱりああいう台所いいなあ。癒されます。やっぱり田舎に心惹かれる。

 

タイガーモスの厨房は、シータがご飯をつくってたところですよ!大きなお鍋にビーフシチュー(?)がたっぷり入っていて、戸棚を空けるとチーズの塊やパンや、香辛料だったり入っていたり、あの映画の厨房が事細かに表現されてました。窓からはあのちょびひげのお兄ちゃんがのぞいていて!笑

こんなのお玉持って写真撮りたいですよ!無理だったけど!

これが期間限定なんて…。何かのテーマパークだったり、全国行脚でもっと公開してほしいと思います。記念写真撮らせてほしい!!

 

という、楽しい楽しいジブリでした。

時間なくてカフェは利用できなかったけど、今度は!!

 

最後に中野ブロードウェイによって、おお、これがあの時テレビに映っていたお店か、とか思いながらちょこっとお店を見て回ってから帰路につきました。

 

 

楽しかったです!!

やっぱり、行った事のない場所に行く、見たことないものを見る、会ったことのない人に会う、本物を見るってすごい経験と活力になりますね!

 

やってみたいこと、行ってみたい場所、全部は無理かもしれないけれど、優先順位をつけて、どうやれば実現できるか考えて、悔いなく生きていきたいなと改めて思った旅でした。結局Blogを書き終えた今日は6月9日。ここまでお付き合いありがとうございました!!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みかりんご (日曜日, 10 6月 2018 11:00)

    こんにちは~♪
    aomushiさんのワクワク感が、ブログを読んでるだけでヒシヒシと伝わってきました!私も行ったつもりになれるぐらいaomushiさんの詳しい紹介ありがたいです。バンダイ本社前の悟空さ…リアルです~♪( ´艸`)さわりまくりたい(笑)
    私も、20年ぐらい前に三鷹の森ジブリに行ったことがありますが、1日居たいぐらい素敵な場所でした(^_^)

    実は…ジャンプ展も、子供達の春休みに強行策で行きましたよ!東京ドイツ村に行った次の日に!息子達以上に私が興奮しちゃったぐらい(^_^;)本当に鳥山先生の原画…予想以上に綺麗でした。繊細だけど大胆な部分もあって、何度も原作コミック読んでしまう魅力的な作品です。

    私、地元が、岩手県でずっと住んでて、旦那さんの実家が横浜市だから、夏と冬に家族で帰省するんで、その時に行ってみたい、行ったことがない場所や店の情報収集するのも日々の楽しみです(^_^)
    関東にいる、弟家族や親戚等に会うのも元気もらえます♪

    それにしても、今の夜行バスって凄いサービスですね!利用者が多いとそうなのかな?東北からだと、夜行バスのイメージは、あまり良くないで(^_^;)
    aomushiさんが載られた夜行バス&入浴施設のセットは感動しました!
    あれこれ考えたり妄想したりって楽しいですね!
    また、お邪魔しま~す(^_^)/~

  • #2

    aomushi (火曜日, 12 6月 2018 08:46)

    みかりんごさん、ありがとうございます!
    みかりんごさんもジャンプ展行かれたのですね✨ほんとに感動でしたよね…✨

    岩手にお住まいなのですね!
    横浜もステキな場所ですよね!都会だけど広々したようなイメージを持ってます。以前なにかの番組で特集があって、いつのまにか東京大阪並の人口になってて驚いた記憶があります。

    やっぱり旅はいいものですね✨